カテゴリ: -金沢( 3 )   

金沢ひとり旅 3日目   

2008年 04月 25日

b0016049_21592761.jpg
あ お ぞ ら


ようやく晴れた3日目♪
2日間でほぼ周りつくしたけれど、お天気いいのにじっとしてられません!
行き当たりばったりであちこち出かけました。
かなり堪能した1日。

21美(開館前でいろいろ見れず)

金沢城公園

和菓子作り体験

21美(もう一度)

晴れの兼六園

晴れのひがし茶屋街

topの写真は21美のタレルの部屋で撮ったもの。
初日の雨の時とはまったく別の部屋のように心地いい空間でした。
心地よい風が通り、とっても静かな空間、寝転がって1日読書していたい気分。
近くだったら頻繁に通ってここでのんびり過ごすだろうなぁ。
21世紀美術館は想像通り素敵な空間でした。
ロン・ミュエック展が見れなかったのがほんと残念無念。。
b0016049_22115298.jpg


お散歩がてら金沢城公園に行って見ました。
建物はちょこっとだけ残っていて、それだけでもお城の雰囲気あるからとりあえず満足。
けっこう広い公園で森の中のような遊歩道もあって、風に舞う桜吹雪をみたり、新緑みたり、とにかくお天気の良い日のお散歩は気持ちいい。
b0016049_22201096.jpg

b0016049_22221750.jpg


お次は石川県観光物産館にて和菓子体験!
予約なしでいきなり行っても大丈夫でした~
うきうき作成中 かなり楽しい!!! ↓↓
b0016049_2225162.jpg

先生が事前に準備してくれているおまんじゅう1つと自分で作った3つの生菓子をお持ち帰りです。
ねんど遊びしてるみたいで楽しかったなぁ~
(ちなみに体験料は1200円だけどお土産売り場で使える500円券をもらえます)
でもって、出来上がったのはこの3つ。
b0016049_22295330.jpg


今日のランチは地元のB級グルメという噂のハントンライス。
オムライスの上にフライが乗っかってるだけです(笑)
味は見た目の通りオムライスとフライとタルタルの味。普通に美味しかったです。
b0016049_22333764.jpg


食後の散歩は兼六園。
昨日までの雨にぶつぶつ文句を言っていたけれど、ポジティブに考えれば雨の日と晴れの日の金沢を感じることができてすごくラッキーなのだ。
だって晴れの兼六園と雨の兼六園じゃずいぶん雰囲気違うんだもの。
そしてどっちがいいとか言えない。それぞれどっちも良いのです。
b0016049_22455618.jpg

b0016049_22445981.jpg

お庭を眺めながらお茶屋さんの赤い長いすに座って「花かつお串団子」を喰らう。
美味しくて幸せそうな顔で食べていたのだろうか・・・
通りすがりの観光客が私の串団子にロックオン!
どんどん客が増えました(笑)
b0016049_22451512.jpg


お次はまたまたひがし茶屋街へ足を延ばしてみました。
晴れの日も見ておかなきゃ!!!
といいつつ、小腹もすいていないのにお茶屋へ勝手に足が・・・・・
ふらりと入ったお店は「茶房一笑
ひとりなので狙ってカウンターへ
お店の人とお話したいしね~
お茶とお菓子セットはどれも@1050、わたしは玉露と白玉ぜんざいをいただきました。
くいっと一杯、杯ほどの小さな茶器に出てきた玉露。
出汁のようにとろみと甘みがあって美味しい。
2煎目、3煎目と変化していく味を楽しみました。
そしてここでもオーナーさん?店長さん?と仲良くなり1時間ほどお話して楽しみました。
長居したので加賀棒茶の熱いの、冷たいの、お菓子までサービスしていただき・・・
ほっこり楽しい時間を過ごしたのでした。
b0016049_2354443.jpg


でもって、一笑の裏通りにある「桃組」(1日目に行ったお店)にもまた立ち寄ってみました。
お腹いっぱいなのでカフェオレだけ注文したのですが、私を覚えててくれた女将さんからサービスでクロワッサンを頂く。
お腹いっぱいでも美味しく頂きましたとも!うぷっ
ここでも1時間ほどお話して、初日から気になっていた器を買っちゃいました。
金沢旅行の記念にね~
加賀手毬をモチーフにした繊細なレリーフの器です。ゴールドとシルバーをお買い上げ。
かなりお気に入り~
カップの底は丸いんだけど、起き上がりこぼしのようにちゃんとカップだけで立つんです。
草花生けても良さそうだわ~
b0016049_23203152.jpg


金沢大満喫の旅となりました。
紅葉の季節にも訪れてみたいものです。
[PR]

by f-cafe | 2008-04-25 23:21 |  -金沢 | Trackback | Comments(12)

金沢ひとり旅 2日目   

2008年 04月 24日

b0016049_1182335.jpg

今日も雨。
でも雨なんかに負けてられません!

左手に傘、右手にガイド本、首にカメラをぶらさげ、バックは斜めがけ。
くぅ~、重いしなんて不自由なんだ。。
カメラ好きなおじ様達がポケットのいくつもついたベストを着てる意味がちょっとわかった。
ポケットのない今日の服装。なんて不便なの~!!

でも、この通りには雨がよく似合う。
お庭を見せていただいたのだけど、雨に濡れる草木は更に青々と輝いているように見える。
b0016049_11201512.jpg


そのままにし茶屋街までぶらぶら歩いていると川沿いに満開のしだれ桜を発見。
嫌いな雨だけど、この街の雰囲気とマッチして情緒豊かにさせてくれる。
にし茶屋街でのお目当ては「甘納豆のかわむら」です。
パッケージがかわいくて、和菓子好きのオットのお土産にちょうど良さそう。
b0016049_1135945.jpg


お昼は老舗洋食店の「グリル中村屋」の名物、皿カツ丼を食べました。
どんぶりじゃなく、お皿に盛られていてカツの上に醤油ベースの和風あんがかかっています。
同じお皿にキャベツやスパゲッティを添えられているところが洋食屋って感じ。
b0016049_11554815.jpg


雨の兼六園も風情があっていいよ~と地元の人に教えていただいて、
足元濡らしながら行ってきました。
満開の桜は気持ちを和ませてくれるけれど、散り桜を見ると切なくなってしまう。
その儚さがまた美しいのです。
b0016049_1293267.jpg

b0016049_2195791.jpg

雨の平日だったので入園者も少なくてゆっくり見ることができました。
せっかくなので時雨亭でお抹茶と生菓子を頂いて、庭園をのんびりと眺める。
客はわたしひとり。この庭園の景色ひとり占めなのです。
しーんと静まり返った空間に響くのは雨音だけ。
ひたすらぼーっと、ぼーっと縁側に座ってお庭を眺めていた。
b0016049_20494136.jpg


3時間居座った兼六園を後にして竪町にある「野田屋茶店」へ行きました。
さっきお抹茶と生菓子を頂いたのだけど、まあ甘いものはいつでも別腹ということでクリームぜんざい@450を食べました。安っ!
きっと洒落た和カフェでいただくと800円でしょうねぇ。
こちらで加賀いり茶というお茶を買って帰りました。
炒った香ばしい香りと甘みですごく美味しいです。
いま我が家の定番のお茶として毎日飲んでます。
b0016049_20594669.jpg


夕方食べた甘いもので夜になってもお腹が空かない。
とりあえずシャワー浴びて、今日はデパ地下でお弁当でもいいかな~と
スッピンにノーブラでワンピースというイケない格好でデパ地下へ向かったのでした。
一応ショールを羽織ってノーブラ隠し。
しかし、金沢のデパートは7時に閉まってました。。。早すぎる~

とぼとぼホテルに戻る途中にふらりとおでん屋に立ち寄ってみた。(イケない格好で・・)
カウンター席とテーブルが少しの小さなお店。
はぐれ刑事の藤田まことが一杯やってそうな雰囲気のお店(笑)
こんなことにひとりで入ったのは初めてです。
普段から居酒屋にはほとんど足を踏み入れたことがないのです。下戸なので。

それなのに酎ハイを頼んでしまったわたし。 バカ!バカ!バカ!
全く飲めないわけじゃないんです。酎ハイの焼酎薄めやカクテルなら1杯程度は大丈夫なのですが、焼酎薄めと言い忘れて濃いやつが出てきちゃったの。
酎ハイちびちび飲みながらおでん食べて、隣のひとりで来てたサラリーマンと世間話をしながら楽しんでおりました。
マズイことに途中でカァーっと熱くなってきてきた。
アルコールが入ると茹でダコのように顔が真っ赤になってしまうのですよ。
ぽっと赤くなるならかわいらしいけど、真っ赤っ赤で目も血走ってたかも!?
さっさと食べて逃げ帰らなくちゃと思っていた矢先に、お店の大将から
「ねえさん、顔真っ赤だけど大丈夫?」と声をかけられてしまう。
その声のせいで、他の客の視線が私に突き刺さる。
きゃーっ、恥ずかしい!!!
「だ、だいじょうぶです、たぶん」と言って残りのおでんをガツガツ食べてお勘定して逃げるようにお店を出ようとしていたら
「ねえさん、忘れ物!忘れ物!!メガネとホテルの鍵!」
きゃーっ、またしても恥ずかしいったらありゃしない。
「あははっ、すみませ~ん」とヘコヘコしながらホテルにそそくさと帰りました。

つづく
[PR]

by f-cafe | 2008-04-24 21:34 |  -金沢 | Trackback | Comments(10)

金沢ひとり旅 1日目   

2008年 04月 21日

b0016049_16313082.jpg

コンパクトな金沢の街を歩き回った3日間、充実した楽しい旅となりました。

福岡発7:55→小松着9:10 市内まではバスで40分程度

荷物をホテルに預け、まず最初に向かったのは近江町市場。
目的はもちろん腹ごしらえ。(やっぱりか!)
『海鮮丼屋ひら井』にて近江町海鮮丼を食らう。
お刺身たっぷりで美味しい。
 (博多でもこの程度の海鮮丼なら食べれる気がするけど・・・・すみません辛口で)
11時のオープンとともに入ったのでゆったりと食事できたけれどお昼時はかなり並ぶらしいです。
b0016049_17225089.jpg


ぽつぽつと雨が降りはじめ、次に向かったのはひがし茶屋街。
鬱陶しいと思っていた雨だけど濡れた石畳はしっとり感が増してひがし茶屋街によく似合う。
b0016049_1736373.jpg

b0016049_17403991.jpg


お茶屋「志摩」を見学したり、箔座で黄金の蔵を見たり、漆が欲しくなって激しく悩んだり・・・・(だって結構なお値段がするんですもの)

悩み疲れて向かったのは『桃組』という和モダンなカフェ。
加賀野菜と季節の果実ジュースと北陸の地酒が頂け、素敵な雑貨も販売されていました。
ステンレスの長いカウンターと椅子がとってもモダンで素敵なのです。
わたしが頂いたのは・・・・(すでに記憶になし)確かイチゴを使ったフレッシュジュースと最中アイス(2種類から選べ、ホワイトチョコと大納言クリームチーズを食べました)
b0016049_195446.jpg

雨の日の平日ということもあり、お客はわたしひとり。
お店の方と金沢のこと、博多のこと、ヨガのこと、ダイエットのこと、などなど延々1時間以上も長居して友達のように話しこんでしまいました。
そのスタッフの方の肌は真っ白でぷるんぷるんしてたので、
「若いと肌が綺麗でいいですね~」とついついオバちゃん的発言をしてしまったら
「いえいえ、若くないですよ~ だって42歳ですから!」
えっ!えええっ!42歳なの!?てっきり20後半か30前後だと思ってた!
と、お店も素敵だったけれど、スタッフの年齢に一番衝撃を受けたのでした(笑)

東山を後にして次に向かったのは21世紀美術館。
なんとも美術館についてない女なのです、わたし。
事前に何の展示が見れるかな~とわくわくチェックしていたものの、
運悪く展示入れ替え中。
そして1週間後に始まるのは「ロン・ミュエック展」
見たい!彼の彫刻を実際に見てみたかった!
悔しいなぁ~ しょんぼり

そして展示入れ替え中、しかも雨の美術館はレアンドロのプールへのドアも閉められたまま、プールの下も展示入れ替え中で入れず、タレルの部屋はどしゃぶりの雨で堪能できず。

しょんぼりと帰り道、素敵な和カフェを発見する。
その名は「つぼみ」
こじんまりとした店内は落ち着く、そして癒されるような和の空間で
大きな1枚板のテーブルの向こうには大きな窓があり辰巳用水があり岩?と緑ともうちょっと早かったら桜もこの窓から見れたかも。
b0016049_201350.jpg



でもって、頂いたのは抹茶パフェ(800円)
とっても具沢山であずき、白玉、抹茶シフォン、抹茶寒天、抹茶プリン、抹茶アイスと何かサクサク棒が刺さってます(笑)
ここのパフェ、かなり美味しい!今まで食べた抹茶パフェの中で5本の指に入ります!
一緒にいただいた加賀棒茶が美味しいのであった。
b0016049_2013264.jpg


この晩は、とあるお店のオーナーさんと仲良くなり、
「ひとりで入れて、美味しいオススメのお店を教えてください」と聞いてみたところ
地元で人気の「居酒屋いたる」を教えてくれました。
そして連れてってもらえることに!ラッキー!!!!
オーナーさんとその友人と私の3人で晩ご飯。
初めて会っても、こうやって地元の人と一緒にご飯食べたりできるなんて旅の醍醐味だわ。
ひとり晩ご飯のつもりが、楽しい時間を作っていただいたうえにご馳走になってしまい・・・・
まったく贅沢なひとときでした。

初日から大満喫なのでした。

つづく
[PR]

by f-cafe | 2008-04-21 20:09 |  -金沢 | Trackback | Comments(10)