カテゴリ:つぶやき( 24 )   

ウンベラータ   

2013年 08月 17日

b0016049_18124368.jpg
シンボルツリーとして購入したウンベラータ。
くねっとした幹と葉の茂り方が気に入って、ネットで注文しました。
最初はこんなに素敵だったのにな~
きっちり上の方にふさふさ茂っててラインも美しい。

b0016049_18124099.jpg
なんだねキミは!!!!
と言いたくなるようなハゲ坊主姿。1年後にはこんな有様ですよ。葉が落ちるにもほどがある(笑)
ウンベラータ様どうしたんですか!?
この頃は土からコバエがわんさか出てきて家中を飛び回ると言う魔のコバエ事件が勃発してました。

b0016049_18123832.jpg
そして7ヶ月後。
当初の3割ほど葉が生えました。
葉っぱに元気も張りもなく生き生きしてませんが、それでも葉があるだけマシ。

b0016049_18123695.jpg
それから1年半。
危険な香りプンプンしてる状況です。
あなた、、、もしやまた・・・・ 朝起きたらポツリと葉が落ちている毎日。
カッサカサの砂漠化したような葉の乾き具合。しわしわですよ。
今年はほぼ1日中クーラーのきいた部屋に入れているから元気がなくなったのか、私の老化と共に年老いていってるのか、原因はわかりませんが元気がありません。

今日からライトコートに出して様子を見ています。
復活してくれると嬉しいけど、新しく葉がついても微妙な位置になるだろうなぁ。
ああ、購入当時のイケメンフェイスをもう見ることができないと思うと切ないわ~
[PR]

by f-cafe | 2013-08-17 18:35 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

手作りのやさしさ   

2012年 09月 06日

お友達のスイーツプランナー真理ちゃんオススメの和食屋さんに連れてってもらいました。

カウンター6席の小さなお店を女性の店主おひとりで切り盛りされていらっしゃいました。
最初の茶碗蒸しから最後のデザートまで丁寧に丁寧に作られていて、本当に美味しかった〜

和食はお出汁を引くところから始まり、下ごしらえにとっても手間がかかりますが、全て手間ひまかけて丁寧なお仕事されているのがとても伝わるようなお料理でした。

お味噌、お醤油、とにかく何でも手作りされているそうです。
そしてビックリしたのがお味噌作りに麹は欠かせないのですが、その麹さえも作っていらっしゃるそうです。すごい!

土鍋で炊いたご飯、手作りの福神漬けのお味の美味しさったら!
デザートにかかっていた黒蜜も2種類の黒糖をブレンドして手作りされているそうで、市販品のような甘ったるさも諄さもは全くなく、黒糖の風味とコク、さらりと優しい甘さ素晴らしく美味しかった。お行儀悪いけど飲んじゃいました(笑)それほど美味しかったということです♪

やっぱり、手作りって美味しくて体にも優しくて最高だなって思いました、
全てを手作りするのは大変だけど、出来ることから、ひとつ、ひとつ、手間をかけて作る。ということを始めてみたくなりました。

そういう調理をしていると、食材や食べてくれる人にもっともっと愛情を注げる気がします。
無理なく出来ることから少しずつ、ですね。

b0016049_025782.jpg

その後はご近所にあるカフェに移動。
ここもこじんまりとしたほっこり落ち着くカフェでした。

b0016049_035620.jpg

そして看板犬のクリコが人懐っこくて癒された〜
玄関開けたらお迎えしてくれ、触ってと寝転ぶ。ひとしきり触って遊んであげたら満足して寝る。お客さんが来るたびにそれの繰り返しでした(笑)かわいいね〜

ランチしてお茶して、あっという間に5時過ぎ。
真理ちゃん、素敵なお店に連れてってくれてありがとう!
[PR]

by f-cafe | 2012-09-06 22:49 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

幸せを感じるとき   

2009年 01月 27日

b0016049_0283456.jpg

幸せだな~と日々思いながら過ごしている2009

試練の2007~2008年を乗り越えてきた甲斐があるというものです!
な~んて大袈裟ですが、トラブル続きだったその時はあっぷあっぷ状態だったのだけど、過ぎ去ってみると大したことなく、いい人生勉強になったと思えるもの。

ほんとね、幸せだなと思うのです。
オットも家族も友達もみんな大好き!!!

ぼんやりと思うのですが
結婚して私自身が成長したような気がします。
自分が家庭を持って親の気持ちというものがなんとなくわかるようになったし、今まで育ててくれた分の恩返しをこれから私がしなくちゃという気持ちがメラメラと芽生えたのも結婚してから。

結婚生活って夢見る夢子が思っていたほど100%理想通りってわけではなく忍耐が必要なのだと学びました(笑)

私は喧嘩するという行為が一番苦手で、自分も相手も嫌な気持ちになるし、その重苦しい灰色の空気が耐えれない。
オットと喧嘩らしきことをしたのは付き合って9年間の間に1度だけ。
それも喧嘩というほどのものではなく、些細なことでオットが口をきいてくれなくなったわけで、損ねた機嫌を元に戻すのに四苦八苦しました(苦笑)
それも勉強だったなーと今は思える。

楽しく穏やかな空間を作るためには・・・・
譲り合う気持ちも大切だし、一番は思いやりですよね。
多少嫌だなって思うことがあっても私がほんの少し我慢すれば空気が乱れないならお安い御用ってもんです。
もしその場で我慢しなくて言いたいこと言ってしまったら雰囲気は悪くなり、相手も私も嫌な気分になるし、もっと最悪なことになっちゃうもの。

我慢(譲り合う気持ち)にも限度があるけれど、我慢できないほどのことってほとんどないし、穏やかな空気で人と過ごすようにしていると自然と嫌なことは寄ってこなくなっちゃう。(気がする)

基本は自分が楽しく幸せだと思えること。
自分の気持ち次第で幸せと感じるか、不幸と感じるか。
どう捉えるかというのはけっこう大事。

人に恵まれているということもとても幸せだと思う。
オットはとても優しい人なので(女心にはかなり疎いですがw)、私に幸せな日々を与えてくれる一人です。
もちろんイラっとすることもあるけど、それ以上に笑いがあったり、私の失態を優しく見守ってくれる余裕があったり、尊敬する部分がたくさんあるし大好き。

人情味厚い家族も大好きだし、楽しく愉快で優しい友達も大好き。

そういう人達に囲まれ過ごせているわたしはとっても幸せです。
だから周りの人に感謝し大切にしていかなければと思うのでした。
[PR]

by f-cafe | 2009-01-27 01:21 | つぶやき | Trackback | Comments(16)

みなさま、よいお年を   

2008年 12月 31日

b0016049_13265887.jpg


今年もあと数時間になりました。
目出度いですね~

いや目出鯛!!!
さっき鯛焼きを焼いたので無理やりこじつけてみました(笑)

2008年は波乱にとんだ1年でした。
病気したり、事故に遭ったり、散々な目にもあったので来年は幸福ばかりが舞い込んでくる年になるでしょう。いや、なると思いたい!

今となると、凹む出来事はすっかり忘れ、いろんなことろへ遊びに行った楽しい記憶や、新たしい友達ができたり、HAPPYなことだけが心に残っています。
なんだかんだ言っても、毎日幸せ~と思って過ごしているので、幸せなんでしょう(笑)

みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。ペコペコリ
[PR]

by f-cafe | 2008-12-31 13:41 | つぶやき

冬支度   

2008年 11月 02日

b0016049_8475657.jpg

いつの間にやら11月になってました。
そして急に寒さが身に凍みる季節がやってきました。

しばらく留守をしていて、ようやく自宅に戻ってきたのですがやっぱり自分の家が一番落ち着きますね。
昨日はやっぱり家が心地いいわ~と新鮮な気持ちだったけど、すでに今日は何の変化もない日常だわ・・・ってな気分になってます(笑)

私の人生が70年とすると、今はちょうど折り返し地点。
30数年分のアクを吐き出すように今年は病気はするし、事故に遭ったり、ほんと踏んだり蹴ったりなのです。
いろいろありすぎて苦笑いするしかない感じ。あははっ
それでも、命にかかわる病気ってわけでもないし、事故で大怪我したわけでもないし、車だってまた買えばいいわけで、普通に過ごせてるだけですごくラッキーなのだと思う。

事故は思っていたより車の損傷がひどくて修理の見積もり80万って・・・・
しかも修理しても車のフレームが歪んでしまってるののは元に戻らないらしく、結局買い換える方向で進んでいます。
いまも首を横に向けると痛いのだけど、ほんとこんな軽い怪我でラッキーだったなぁ。
でも、痛い思いして、事故処理で手間取られて、しかも車の買い替えで手出しをしなくちゃいけなくなるなんてちょっと納得いかないので、粘り強く交渉をしなければ!と思っています。

b0016049_9295760.jpg

暗い話はこれくらいにしておいて、急に寒くなったので冬支度をしました。
オイルヒーターひっぱり出したり、羽毛布団干したり・・・・って、これくらいしかしてないや。

昔は嫌いだったアイロンかけが最近は楽しくなってきた。
ローズウォーターをシュッシュとしながら布団カバーにアイロンをかけた。アイロンの熱で薔薇の香りがふんわり漂ってプチ幸せを運んでくれる。
やっぱりこういう時間が好きなのよね~
キレイになっていく部屋、家事って天職だわ~とひとり悦に入ってしまう(笑)
結局、自己満足の世界で、自画自賛してモチベーションを高めてるのかもね~
[PR]

by f-cafe | 2008-11-02 09:38 | つぶやき | Trackback | Comments(11)

恋するキモチ   

2008年 10月 14日

いつも恋していたいなぁ~
ときめいたり
ドキドキしたり
きゅんきゅんしたり

恋愛体質な私にとって恋は必要不可欠。

街で見かけた素敵な男性にきゅんとするのもいいし
旅に出て知らない街を散策するのもドキドキしていい。

恋するのは人でもいいし
街でも物でもなんでもいいの。

オット持ちなので必要以上に他の男性にドキドキするのはどうかと思うけど(笑)

結婚生活も長くなると刺激なんてものはなく、我が家の場合は安定した平穏な日々が淡々と続いています。
多少の波風があるほうが刺激的ではあるけれど、残念ながら穏やか過ぎるほど穏やかなのです。
これを幸せというのでしょうか。

でも私が幸せを感じる時間はちょっと違っていて、ひとり時間に妄想している時なんです。

オットは今頃何してるのかなぁ~
隣にいてくれたらいいのになぁ~
逢いたいなぁ~
と、切なく想うのが好き!!

実際隣に居てもきゅんとしないし何とも思わないのに(笑)

それじゃ、私って片思いが好きなのだろうか?と考えたけどそれとは違う。
まだ振り向いてくれない彼を想うなんてただ切ないだけで嫌。

私が好きなのは固く結ばれた関係があってこその片想いなのです。
そういう時はひとり胸きゅんしたりする(笑)
ひとり時間にしか湧き出てこない感情なのよね。

週末婚や単身赴任でいいってことなのかな?(笑)

散歩しながらそんなことを考えていた休日でした。
相変わらず妄想好きな暇人です。
[PR]

by f-cafe | 2008-10-14 00:45 | つぶやき

おくりびと   

2008年 09月 24日

オットの会社の方が亡くなり今日がお葬式だそうです。
まだ30代前半の若い女性。病気でもなく突然の出来事だったそう。

私は祖父母以外で身近な人を失った経験がないので、大好きな人がこの世を去るという悲しい思いをまだしたことがありません。
祖父母の時はもちろん悲しかったのだけど、年老いて死ぬのは寿命だと納得できますから。

もし、仲のいい友人が突然死んだら、両親が死んだら、そう考えるだけで涙が出てきます。
まだ若い娘さんを亡くしたご両親はどんなにお辛いだろう・・・・
胸が切なくなりますね。

b0016049_2123967.jpg
そんな今日、「おくりびと」を見てきました。
納棺士という職業を通して、夫婦愛、家族愛を交えながら死を見つめなおすという内容の映画です。
おくりびと、死をテーマにしてるので重い内容かと思いきや、前半は声出して笑えるほとコミカルな部分もあり、後半は何度も涙し、でも重さを感じさせない絶妙な作品に仕上がっていました。
本当に素晴らしかった。
今まで見た邦画のベスト3に入るほどよかったです。

納棺士役の山崎努、ひょんなことからそこに勤めることになった新米納棺士の本木雅弘、二人の掛け合いがものすごく面白い。
表情から醸し出す深い言葉、実際言葉は発してないけれど、じーんと伝わってくるものがありました。山崎努の演技は素晴らしかった。
もちろん本木雅弘も素晴らしくいい役者さんになってますよね。

ハンカチ1枚をたっぷり濡らすほど泣いてしまったけれど、温かい感動の涙でした。
映画を見た後、なんとなく死について考えてしまいました。

常に思っていることは、オットも両親もいつ、突然目の前から消えるかわからない。
オットを毎朝送り出す時は何があっても笑顔で「いってらっしゃい」を言うと決めて実行しています。
朝のいってらっしゃいが最後になる可能性もあるわけで、もしそうなった時に笑顔でさよならしてなかったらとても後悔すると思うから。
両親も私よりも早く旅立ってしまう可能性は高いので、今まで育ててもらったお礼の親孝行は元気なうちにしてあげたいと思っています。
大好きな人が亡くなった後に、もっとこうしていればよかった、優しくしてあげればよかった、なんて後悔はしたくないもの。
今、しっかり親孝行できているかと言えば、そうでもないかもしれないけれどそういう気持ちはいつも持っています。
親孝行も、優しさも、しすぎて迷惑ってことはないですからね。

毎日、毎日、大切に丁寧に生きていきたいと思います。
[PR]

by f-cafe | 2008-09-24 21:07 | つぶやき | Trackback | Comments(14)

公共マナー   

2008年 03月 31日

どちらかというと、私はしっかり守っている良市民です。
ポイ捨てしない、ゴミの分別、携帯マナー、車の運転などマナーを守るのは社会人として、いや子供でも当たり前のことだと思います。

今日、こんなことを書こうと思ったのはうちのマンションに心無い人が住んでいるからなのです。
共同住宅なのでいろんな方が住んでいるので、みんなが良い人ばかりじゃないとはわかっているけれど、このマンションは気になる住人が多すぎる。

マンションの内側のアプローチにベビーカーや三輪車を置きっぱなしとか、駐車場から大幅にはみ出して止めるので迷惑だったり、うちの上階の住人は帰宅が毎晩深夜3時前後でそれからバタバタと大きな足音や物を落とす音などで迷惑を被っている。

そしてゴミ出し。
シャッター付きのゴミ出し場があるのだけど、ゴミを出したあと最後までシャッターを閉めていないのでネコやカラスがゴミを食い荒らしてゴミ置き場からマンションの玄関まで生ゴミやおむつなどのゴミがそれはそれは悲惨に散乱していました。

朝、夫を駅まで送っていくときにその惨状を発見し、またシャッターきちんと閉めなかったおバカさんがいるんだわ!きたないけど、うちのゴミじゃないし・・・と放っておいたのでした。
夕方、買物から帰ってくると更にゴミの散らかりはひどくなっていて、誰も片付けないという状況でした。
耐え切れずわたしが掃除することに・・・・
こうやって他人の散乱した生ゴミを掃除するのは何度目だろうか。
自分の住んでいるマンションは清潔であって欲しい。
自宅、車の中、わたしが生活する範囲の場所はきれいでありたいと思うのです。
キレイ好きな性格なので。

私みたいに共用部分を掃除しろとは言いませんが、
シャッターをきちんと閉める、当たり前のことを当たり前にするだけでいいのに。

車からのゴミのポイ捨てとかすごく許せない。
電車の中で携帯で話すとか、並んでいるのに割り込みとかねぇ。

みんなキチンとした人ばかりだと快適に暮らせるだろうになぁ~
[PR]

by f-cafe | 2008-03-31 19:48 | つぶやき | Trackback | Comments(8)

恋待蕾   

2008年 02月 07日

b0016049_17263128.jpg「恋待蕾」 こいまちつぼみ

なんとかわいらしい言葉でしょう。

恋を待ってる蕾ですよ!
今からなにかステキな出来事がおこるのかしら?
わくわく どきどき ほんわかしたイメージがしませんか?

「美人の日本語」という本を時々めくるのですが、
2月6日、わたしの誕生日に書いてあった言葉が「恋待蕾」でした。

- - - - - - - -

2月の誕生色は蕗の薹(ふきのとう)の若芽のような淡い黄緑色だそうです。
蕗の薹もふきのつぼみ。
蕾が出来ると「明日は咲くかな、明日は咲くかな・・・」と心待ちにします。
恋の蕾、夢の蕾、どんな蕾でも、心にほんのり、あかりを灯してくれるものですね。

まだまだ寒い季節に、冷たい土を持ち上げて、ひょっこり顔をのぞかせる蕗の薹は、背伸びをして恋を夢見る蕾のよう。

- - - - - - - - 美人の日本語 山下景子著から引用


読んでいて、すぅーっと優しい気持ちになりました。
筆不精の指先が今日はサクサク動いています♪
[PR]

by f-cafe | 2008-02-07 17:31 | つぶやき | Trackback

立春   

2008年 02月 04日

b0016049_1653727.jpg

長い冬眠からようやく覚めました。

復活するまでに時間かかっちゃった。
ブログも20日も放置しちゃったし。

立春のこの日は風水でいう新年の始まり。
きのう、友達のブログ読んでて、そうだった新しい運気の始まりだった!
と思い出したら、なんだか気分が晴れてきたのです。

今日はほんのり日が射してるし
朝から掃除機ブンブンかけて、スイートピーを活けかえて
ちょこっと模様替えして。

さて、堪能できなかった旅行記もちょこっとアップしたいと思います。
[PR]

by f-cafe | 2008-02-04 19:40 | つぶやき | Trackback | Comments(8)