風邪に苦しんだ東京 ++ 1/16-23(3)   

2008年 01月 27日

b0016049_2352310.jpg

雪残る加賀温泉郷を後にして一路東京へ向かう。
電車とバスを乗り継いで小松空港へ。
あまりに小さい空港すぎて微笑ましい。

5日目、東京へついて久々の友人と会って夕食をとる。
この時に冷え込んだ夜の街を徘徊したのが、更に体調を悪化させる原因となってしまったみたい。
その夜ホテルに戻ると喉の痛み+声まで出なくなってしまった。
そして熱にうなされる。。
明日はウ子ちゃんとデートなのに、大丈夫だろうか・・・

b0016049_2315462.jpg

6日目、やっぱりダメだ。辛すぎて動けない。。
楽しみにしていた青山、表参道デートは出来そうもないのでウ子ちゃんちでまったりさせてもらうことになりました。
突然訪問してすまなかったねぇ>ウ子ちゃん
蚊の鳴くような擦れ声だったけれど延々と楽しいおしゃべりをし、お昼に食べたしらす丼が美味しかったというのが本日の収穫♪

夕方、今日から2泊お世話になるお友達のまめちゃん宅へ移動。
彼女とはかこれこ10年以上のお付き合い。
年齢は一緒なんだけど、なぜか彼女といるとお姉さん気分になってしまう。
いや、母親気分だろうか・・・・
子供もいる立派なママだけど、私の中では頼りないイメージが・・・(笑)
そんな料理も出来なかったまめちゃんが、リクエストしていた和食の家庭料理と洋ナシのタルトを作ってもてなしてくれました。
どのお料理もすっごく美味しいかったし、お菓子まで作るようになったとは・・・・ お母さんはその成長が嬉しいよ。涙(やっぱり母親目線)
b0016049_23224538.jpg


7日目、やっぱり熱も高いし、喉は痛いし、声はでないし、鼻水は垂れっぱなしだし。
あー、やんなっちゃう。
しかし、お昼は美味しい和食のお店を予約してくれていたので体調不良なんてなんのその、ワクワクして出かけました。
b0016049_23264953.jpg

たどり着いたのは住宅街の中にある、普通の一軒家。
普通すぎる。普通の家だ(笑)
そして普通の玄関を開け、普通の和室に通される。
親戚の家に遊びにきたみたい(笑)
でも、そこは素敵空間だったのです。
b0016049_2329730.jpg

分厚い陶器で出来たランチョンマット。
こんなの見たことないけど、なんだか素敵な予感を感じさせる。
そして出てきたお料理は自家製のあんず酒から始まり、ふろふき大根、マグロの菜の花添え、おせちの盛り合わせプレート、餡かけご飯にデザート。
どれも一から手作りのお料理でどれも味付けが美味しかった。
そしてお料理を運んで来てくれる方がそれはそれはふんわりと優しい雰囲気と話し方をされる方でお料理を更に美味しくしてくれました。
b0016049_233456100.jpg


もう限界、お腹一杯で幸せな時間を過ごしたあと、自分勝手なカラダは急に熱を発し始めた。
や、やばい気がする。。。。
その足で病院へ行くことに。
この薬は○○なんですけど、どうします?
と妙に他人任せな先生に診察してもらい、また大量の薬をもらって帰った。
すでに39度の熱が出ている。ああ、ヤバイ。

まめちゃん宅に帰宅して、そのまま晩ご飯も食べず延々と寝込む。
夜中に40度に熱が達したときはさすがにもうダメかと思いました。
あまりに苦しかったので殺してくれ・・・と(笑)

8日目、今日は福岡へ帰る日。
夕方の飛行機だったので、それまで寝込ませてもらった。
ごめんよ、まめちゃん。
あれこれと準備してくれていたのに、病気持って寝込みにいっただけになっちゃって。
なんとも迷惑な友達でごめん。
いっぱい話したり、遊べなかったのが心残りです。

弱った体と朦朧とした意識でなんとか福岡までたどり着いたのですが、
埼玉から羽田までどうやって行ったのか、モノレールか京急かどっちに乗って羽田まで行ったのか、とにかく全く記憶がございません。
京浜東北線に乗った記憶さえも飛んでしまってるんだもん。
どんだけ朦朧としていたのだろうか・・・・

そして帰福してもしばらくは寝込み生活でした。
8日間の旅はなんとなく我慢大会のようで、修行のようで・・・・・

でも、こうやって楽しかったことだけを書き出してみると、楽しさだけが想い出されていいな~と思いました。

おわり
[PR]

by f-cafe | 2008-01-27 23:46 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://fcafe.exblog.jp/tb/8036654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ウ子 at 2008-02-10 08:55 x
お疲れ様でした~~。
本当に【修行】だったね。でも、その高熱は何かあるのかもよ~~。
ウ子、3年前に風邪をこじらせて高熱が出て、世界が紫に見えるくらい酷かった(でもその時車運転してたな)時があって、その後、出会った占い師が「星の位置的にもその時に流れが入れ替わったね~」って言ってた。
「今までの自分は一回死んだから、もっと好きに生きれるよ~」って。
今思えばそのあたりから東京行きの一連が始まってた。

今までの膿を出し切った旅だったとしたら、これからが楽しみだね★
そして、私の今回の旅はその3年前からの集大成の予定。
はてさて何に出会えるか、どんな気持ちなるのか、楽しみ!
そして、その最初にまたゆみちんに出会えるのが本当に嬉しい!
今日は本腰入れて荷造りがんばって、明日飛んでいきます!
Commented by morimaman at 2008-02-10 10:17
大変でしたね。
旅先の病気は、とても不安なもの。

ちょっと無理をされて、その後も寝込まれ、本当にもう大丈夫ですか?

でも、温かな方々に囲まれ、味はわからなくとも美味しものにも恵まれ、、、
あとは、体調を整えてリベンジ!!

私は旅に出た後、こころが整えられて帰ってきている、、、という独りよがりな気持ちで幸せになります♪
Commented by angel*riri at 2008-02-10 16:45 x
写真だけ見たら、体調が悪かった!なんて思えないほど
ですね~。
旅先の体調不良は大変ですが、よく頑張られましたね!!

そんな中、こんなにも写真も撮って、日記がつけられて
すごいなー!と思います。

おつかれさまでした。



Commented at 2008-02-10 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by f-cafe at 2008-02-14 23:36
■ウ子ちゃん
修行の旅、あの旅は何か意味があったのかも・・・・・
すっかり立春から元気を取り戻して、気分晴れ晴れだもの。
膿を出し切った、そう思うことにしよう!
ポジティブ!ポジティブ!

さて、ウ子ちゃんの集大成の旅はどんな行方になるんだろう。
今頃はぐったり眠りについた頃かな~
いっぱい楽しんで来てね!
またメールしまーす。
Commented by f-cafe at 2008-02-15 00:00
■morimamanさん
本当に旅先での病気は不安なものですね。
不安というより、残念な気持ちの方が大きいかな。
ぜんぜん旅に出たという気分がしないので
絶対にリベンジせねば!と企んでおります(笑)
また、夫を置き去りにして一人で行くのは忍びないけれど。

旅に出て、こころが整えられて戻れるっていうのは幸せですよね。
非日常でリフレッシュして日常に戻る。
旅に出たくなりました~
Commented by f-cafe at 2008-02-15 01:04
■ririちゃん
書き出してみると、結構食べてるよね(笑)
体調悪くても、喉が痛くても、食い気には負けてしまうようです。
そして、食べたら写真、写真、ブログ用!
と使命感も忘れずに!
Commented by f-cafe at 2008-02-15 01:07
■鍵コメちゃん
あっという間に時は過ぎちゃうね。
その節は大変お世話になりました。ペコリ
あのお店なんていう名前か思い出せなくて・・・・
三本松ね!
すごくこだわってあったし、美味しいし、コスパ良すぎだよ!!
またそっちへ行ったときは食べに行きたいな~
ちゃんと味がわかる健康体で。

ピグちゃんもとあまり遊べなかったし、
リベンジに行かなくちゃ!
絶対また遊びにいくわ~

<< 立春 初の北陸 ++ 1/16-23(2) >>