恋待蕾   

2008年 02月 07日

b0016049_17263128.jpg「恋待蕾」 こいまちつぼみ

なんとかわいらしい言葉でしょう。

恋を待ってる蕾ですよ!
今からなにかステキな出来事がおこるのかしら?
わくわく どきどき ほんわかしたイメージがしませんか?

「美人の日本語」という本を時々めくるのですが、
2月6日、わたしの誕生日に書いてあった言葉が「恋待蕾」でした。

- - - - - - - -

2月の誕生色は蕗の薹(ふきのとう)の若芽のような淡い黄緑色だそうです。
蕗の薹もふきのつぼみ。
蕾が出来ると「明日は咲くかな、明日は咲くかな・・・」と心待ちにします。
恋の蕾、夢の蕾、どんな蕾でも、心にほんのり、あかりを灯してくれるものですね。

まだまだ寒い季節に、冷たい土を持ち上げて、ひょっこり顔をのぞかせる蕗の薹は、背伸びをして恋を夢見る蕾のよう。

- - - - - - - - 美人の日本語 山下景子著から引用


読んでいて、すぅーっと優しい気持ちになりました。
筆不精の指先が今日はサクサク動いています♪
[PR]

by f-cafe | 2008-02-07 17:31 | つぶやき | Trackback

トラックバックURL : http://fcafe.exblog.jp/tb/8027938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 喋る 食べる 久原本家 茅乃舎(かやのや) >>