においフェチ?   

2005年 08月 10日

この季節、あらゆるところでいろんな匂い&臭いが漂っている。

その9割が臭いのほうである。

どうも私は臭いに敏感らしく、人の汗の臭いも察知してしまう。
会社でも汗のツンとする臭いを数人の人が漂わせていて気になってたので仲の良いYさんに聞いてみても別に何も臭わないよ。という。

特に耐え難いのは満員電車の中。
そりゃ そりゃ 最悪!
特に帰りの電車なんて異臭騒ぎですから!!!!

先日の話
私の隣に背の高い男性が吊革につかまって立っていた。
背が高いので彼が吊革につかまってると開いた脇がちょうど私の顔のあたり。
ぷわ~んとワキガの臭いが私の鼻を攻撃する。
痛い!痛すぎる!
こういう時、ダイバーのごとく長時間呼吸を止めるてしまう癖がある。

その他には
口臭の耐え難い年配のおじさま
強烈な香水のキレイめ系OL
アンモニア臭に近い汗の臭い
数日間お風呂に入ってないような体のアブラのような独特の臭い
コーヒーのあとにタバコを吸った人の息

とにかく人から発生している臭いってのがダメなんです。
敏感なのって損だなぁと思う。

この前、会社を辞めた子と会ったときに臭いの話になって
○○さんとかちょっと臭うんだよねーと話すと、
「そうそう!そう、臭ってる!○○さんはアブラの臭いがするし、○○さんは線香のにおい。」
そうなのよ!同じ敏感派だったのです。
彼女の場合、電車の中で臭くて息が出来なくなった時、うっすらアロマオイルをつけてる自分の腕の匂いをかいで息をするそうだ。

GOOD IDEA!

そしてさっき晩ご飯の時
今日は冷凍食品の中華野菜を使って炒め物をした。
オットが口に入れた瞬間
「くせっ!」
お皿の中からタケノコを1本とり鼻に近づけて臭い!臭すぎる!!
と何度も鼻に近づけては臭いというのを楽しんでいるようでもある。

せっかく作ったのに臭い!といわれてタケノコは全部はじかれていた。
「ちょっとぉー 私への嫌がらせみたいやん!」

「っていうか、タケノコ苦手なのに入ってることがオレへの嫌がらせかと思ったよ」

すっかりタケノコ苦手ってことを忘れてた。
ごめーん
[PR]

by f-cafe | 2005-08-10 00:18 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://fcafe.exblog.jp/tb/3275244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2005-08-10 07:47
おはようございます。
仰有るとおり、この世は悪臭に満ちていますね。特に、気温の上がる今時分は臭いがキツクなります。 ずいぶん昔、やはり自分の汗の臭いに気付いて、それ以来オーデコロンを軽くつけています。
色々試して、この20年ほどは、ダンヒルのエディション・オードトアレを愛用しています。 
先日、映画を観に行ったのですが、家人の左となりに、ご老人が居て、開演前だったので、連れと話をしているのはいいけれど、一人おいた私にまで強烈に口臭が伝わって来ました。家人は我慢強い方なんですが、モロに口撃を受ける彼女は流石にギヴアップして、そっと二人で席を移りました。 私は、喫煙者でもあるし、他人のふり見て我がふり直せ、をいつも忘れないようにしようと思っています。
私が家人と結婚した理由の一部に、彼女の歯が綺麗で口臭なし、体臭うすい、というのもあったような気がします。
Commented by 8-139 at 2005-08-10 21:13 x
こんばんは

コーヒーと

タバコ

最強に

くさいです

じぶんでも

びっつくりしました

この時期は

いろんなものが

臭うかもしれませんが

わたしは

嫌いじゃないですよ

もっと

色んなものを

匂って

行きたいです。
Commented by f-cafe at 2005-08-12 00:38
>amamoriさん
『他人のふり見て我がふり直せ』
大事ですよね~
私も気づかぬうちに不快感を与えないように気をつけなくちゃ!
それにしても、口臭がスゴイ人って結構いますよね。
家族は注意してあげないのかなぁ~?といつも思ってしまいます。
私の家族だったら気をつけるように教えてあげるけどなぁ。
Commented by f-cafe at 2005-08-12 00:43
>8-139 さん
こんばんわ!
コーヒー&タバコの組み合わせは最強ですよね。
どうやらニオイにお強いみたいで羨ましい限りです。

先日はストーリーのない中途半端な写真で申し訳なかったなぁとオットと反省してたんですよ。

<< ナス田楽 愛情月間 >>