渋皮煮2015   

2015年 11月 07日

b0016049_01404094.jpg
今年は台風の影響で熊本の栗は不作だったそうです。街で売っている栗も少なくて高め、ネットで利平栗を探したけれど出遅れてしまいどこも売り切れ。
でもでも、うちの保存栗は使い果たしてしまったのでどうしても仕込みたい!ネットで探して探して10月初旬に手配できたのが高知県のしまんと栗。初めて聞きました~
収穫の時期は10月後半ということで楽しみに届くのを待っていました。

2Lサイズを3kg購入。虫がついている栗は少なかったけど、鬼皮を剥いてみると渋皮ではない黒い筋が入っているのが結構あって、どうやらそれも虫の仕業らしいですね。
旬の時期、収穫後すぐのものには少ないらしい(ネット情報)来年は出遅れずに綺麗な栗をゲットしたい!!

ひたすらひたすら鬼皮を剥きました。年に1度しかしない作業なので1年後する時には手先が初心者に戻ってしまっているので時間がかかるかかる。今回時間を計ってみたら3kgで6時間かかりました。もう内職ですね!(笑)

それから渋皮のお掃除。重曹入れて火にかけるを5回繰り返したかな。今年は丁寧に丁寧に作業したのです。
砂糖を加えてからも火にかける、冷まして味をしみ込ませるを5回繰り返し。最後にラム酒を加えて2キロの渋皮煮の完成です。

しまんと栗は甘かったです。なかなか良い栗ですね~
丁寧に作った甲斐があり、やわらかくほっくりと出来上がりました。
またいつの日か教室のデザートでお出ししたいと思います。
b0016049_01404021.jpg

[PR]

by f-cafe | 2015-11-07 02:05 | 保存食・手仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fcafe.exblog.jp/tb/25062781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月レッスンの様子 初めてのオリーブ新漬け >>