春の訪れ   

2011年 03月 31日

b0016049_10265530.jpg
3月は東日本大震災という悲しい出来事があり日本中が悲しみに包まれました。
気候もそれを悲しむかのように今年は春の訪れが少し遅かったけれど、春の花を見ると気持ちが明るくなるので家の中には常に花や植物を置いています。

上の写真は桃の花。蕾から花が咲くまで2週間近く楽しむことができました。
桃の花はふっくらしてて可愛らしいですね。


b0016049_10264656.jpg
テーブル用にはチューリッピを買ったのだけど、3日もしないうちに花びらがイナバウアーみたいに開いてしまって無残な姿になってしまいました。
”チューリップは長持ちしないと思われていますが、そんなことはありません。室内温度が低ければとっても長持ちしますよ~”と書かれていたので10本も買ったんですけどね(苦笑)


b0016049_1026356.jpg
朝倉にある菜の花畑。ここは、夏になるとひまわり畑になるんですよ。その景色も圧巻!


b0016049_10265175.jpg
私の大好きな花、ラナンキュラス。
薄い薄い花びらが幾重にも重なった姿が繊細で優美で美しい、写真見てるだけでもうっとりするほどラナンキュラスが好き。


b0016049_10265655.jpg

b0016049_10265390.jpg
少し前にやっていた「冬のサクラ」というドラマで何度となく出てきた啓翁桜。山形で作られている冬に咲く桜なんだそうです。
桃の花が終わったあと、何を飾ろうかと植木屋さんをうろうろしていて見つけました。
ソメイヨシノに比べると花は小さく華やかさは多少劣るけれど、奥ゆかしさがあり凛とした美しさのある花ですね。


その時期の花を飾って四季の移ろいを感じられるってステキですよね。
花があるだけで家の中がふわ~っと明るくなるし、見るたびに癒されてます。
[PR]

by f-cafe | 2011-03-31 23:59 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fcafe.exblog.jp/tb/15243951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 麦庵 祈り >>